« 気力の限界 | Main | トラウマは人を孤独にする »

花はただ咲いているだけ

 気力のないまま、週末に入りました。
仕事は必要最低限に抑えて、それ以外は家でぼんやりしていることが増えました。こころが枯れる、というのはこういうことなのかと思います。何をやっても全く楽しめない日々が続いています。

 おとといの夜、ふと考えました。

 チューリップの花を見て、きれいだなと感じる人もいるし、興味がなくて何も感じない人もいるでしょう。チューリップの花にまつわる良い思い出がある人にとっては、花を見ることは記憶とともに幸せ感や喜びといったよい気持ちを起こさせ、逆に悲しい思い出がある人にとっては、そのときと同じ気持ちを感じてしまうから見るのが辛いと思うかもしれません。また、別の人は嫌いだから見るのもいやだと感じるかもしれません。

 しかし、人が何をどう感じようと、チューリップの花はただ咲いているだけなのです。私たちはただ単に、花に自分の感情や思いを映し出しているにすぎません。

 それでは、チューリップとアザミの花は何が違うのでしょう。

 アザミはチューリップほどの見かけの美しさはありませんし、トゲもあります。チューリップは多くの人に愛される花であるのと対象的に、アザミを好きだという人は非常に少ないかもしれません。

 しかし、どちらもただ静かに咲いているだけなのです。しかもそれぞれ咲くにもっとも適した領域で咲いているにすぎません。チューリップがアザミに向かって、「あなたは嫌われ者だからここで咲いてはいけない」なんて言うことはありません。どんな花でも、たとえ毒があっても、自然の法則に基づいてここに存在しているのですから。

 人間は自分以外のものに、実にいろいろな感情や思いを投影しています。ある人が嫌いだというのは、本来はそういう感情や思考の産物、つまり主観にもとづく評価であって、実際の相手の状態とは無関係なことが多いです。同じ人物でも人によって評価が分かれるのは、その人のどこを見ているかにもよります。多くの場合、人間は限られたところしか見ずに、そのときの感情や思考で人を判断しているにすぎません。

 確かにあわない人、苦手な人はだれにでもいます。それでも、その人がそこに存在することを受け入れられるには、自分が相手に映し出している感情に気づかなければならないのです。多くの場合、相手の嫌いな部分は、実は自分自身の中にある受け入れがたい部分でもあるのです。相手のせいだと思っていることが、実は自分自身の問題であることに気づくことができれば、相手がたとえどう振る舞おうとそのために自分の感情に振り回されることなく、静かな気持ちで受け止められるようになるでしょう。

 私たちの周りでは、時々予期しない、あまり起こってほしくないできごとが起こります。しかし本当はできごとはあくまでも中立であって、起こってほしくないというのは単に私たちの思いを反映しているだけです。できごとをどうとらえ感じるかによって、その後の行動もそこから受け取る結果も全く違ったものになります。「こんなことが起こらなかった方がよかった」と思うのか、あるいは「こういうできごとがあったからこそ今の自分があるのだ」と思うのか、その違いはできごとの中身にではなく、それを体験する人間の受け止め方の違いなのです。

 最後に、チューリップもアザミも、好きか嫌いかではなくただ限られた命を精一杯咲いているだけです。

 人間も生まれるときから自分を嫌いな人はいません。それは生まれてから今までのどこかで身に付いた考えにすぎません。またすべての人に好かれる必要もありません。与えられた命の中で、できることを淡々と続けていきながら、美しいものを美しいと感じ、善いものを素直に受け入れるこころを育てていくことが、一番大切なことではないかと思います。

 なぜこういうお話をするのか…は次の記事で。


 
 

 

 

 

|

« 気力の限界 | Main | トラウマは人を孤独にする »

Comments

リンク了承ありがとうございます!
コメント欄にURLの貼り付けを忘れてしまって、すみません(>_<;)

Let's continuethe family
http://blog.livedoor.jp/moon_babe86/

チューリップとアザミの話し、興味深く拝見させていただきました。
どうとらえるかは自分次第…。
わかってはいるのに、私もいつも心に振り回されてしまいます。

いつもブログ楽しみにしていますが、Sanaさんの体調が一番大事なので、心身共にあまり無理をなさらないでくださいね。
お大事に…

Posted by: moon_babe86 | 2005.08.20 at 06:42 PM

 >なぜこういうお話をするのか…は次の記事で。

興味がある記事に出会いました。
次回、とても楽しみにしています。

Posted by: rain | 2005.08.21 at 05:35 AM

 8月の終わりというのは、季節の変わり目で、私のようなボーダーアスペルガー症候群には、少し不安定になる季節かもしれません。
 先々の人生についての不安が呼び起こされ、私も情緒不安定になっております。この時期苦手です。

Posted by: aikidonotatujin | 2005.08.21 at 09:13 AM

sanaさん、こんにちは。

とても静かな気持ちで、この記事を
読ませていただきました。

心が枯れる・・・。
いまのワタシもそうだな。
なにをしてても楽しくないし、楽しいことを
想像する気力すらない。

いつも心が不安で埋め尽くされている。
はやくこの状況から脱したいです、ほんと。

Posted by: かずみ | 2005.08.21 at 02:29 PM

This design is wicked! You definitely know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Wonderful job. I really enjoyed what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

Posted by: as seen on tv grill mat | 2015.07.27 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/5553767

Listed below are links to weblogs that reference 花はただ咲いているだけ:

« 気力の限界 | Main | トラウマは人を孤独にする »