« ぴょろは知っていた(1) | Main | ぴょろは知っていた(3) »

ぴょろは知っていた(2)

 今回の家庭訪問では、ぴょろが「お母さんはオレのことをそんな風に見ていたのか」と傷つくのではないかと、それだけが心配でした。

 そして、私の気持ちのどこかには、「ぴょろはY先生の前だから明るく振る舞っていただけで、どこかでショックを受けたのではないか」という不安がありました。

 でも、そんな不安を払拭してくれたのは、ぴょろの何気ない一言でした。

 それから数日後、私はぴょろの中学校のスクールカウンセラーから、ぴょろのクラスに何人か難しい子がいて、クラスが落ち着くには時間がかかるだろうね、と言われました。そんな中では、ぴょろの不注意や多動が全く目立たないことは、容易に想像ができます。

 その日学校から帰ってきたぴょろに、「クラスはどう?」とさりげなく聞いてみました。その時に返ってきた言葉は、

 「すぐキレてムカつくやつもいるけど、おもしろい人も優しい人もいるよ。オレ(沖縄より)今の学校で良かったと思う」

 ぴょろは私が考えていたよりずっとずっと、冷静に物事を見ていました。私はその言葉を聞いて、あぁ、やっとここまで成長してくれたんだなあ、と思わず泣きそうになりました。彼はものごとの両面をきちんと見ることができる力を少しずつつけてきているなということが、このときによく分かりました。ぴょろは自分なりに、自分の状態を分かっていてそれらを受け止めようとしているのです。

 ようやく私は安心しました。ぴょろの前で話した事は、かえってぴょろにとっては自分のことを分かっていてもらえている、という安心感につながったようで、その日以来、少しずつ今の心境を話してくれるようになりました。

 うまくいっているように見えますが、ここまでの道のりは結構大変でした。5歳でADHDと分かった当時は、とにかく落ち着きがなく、感情コントロールがうまくいかないと壁や床に頭をバンバン打ち付け、そしてよく同じ園の子供とケンカになり、何度頭を下げにいったか分かりません。それは小学校にも持ち越され、十分に理解が得られない中で手探りの状態でやってきて、自分のふがいなさに親子で泣くこともしばしばでした。

 私が発達障害に関わるようになったのはここ数年のことで、それまでは知識も経験十分ではありませんでした。それなりに失敗も多く、後悔がないわけではありませんが、「きちんと愛情をかければうまく育つよ」といってくれた、ぴょろのADHDを診断した教授の言葉を信じて、どんなときもぴょろの味方でいよう、という気持ちでやってきました。ぴょろが年齢と共に落ち着いてきたのは、私が彼に直接何かをしたというよりは、ぴょろの自然な成長を妨げる要因を最小限に抑えられるようにしてきた結果なのかもしれません。

 ぴょろが小学生の時は、とにかく親として子供を守らなくては、という意識が強かったのですが、今は次第に「同じ問題を持っている仲間」という意識が芽生えつつあります。そして最近は教えるというよりは、「どうやったらこれを乗り越えられるのかを一緒に考える」立場へと変わりつつあるように思います。

 ぴょろに理解力がついてきたといっても、これから取り組んでいかなければならない問題はたくさんあります。中学生の間の精神面での変化は大きいですから、その変化にどう適応していくかという課題があり、そしてADHDで顕著に出やすい気分の波への対応や感情免疫力(不快な感情に対する抵抗力)をどうつけていくかも今から考えていかなければなりません。大人になるまでには、あといくつか乗り越えるべきハードルがあるのです。

 幼稚園から取り組み始めたことが本当にこれでよかったのかどうか、その結果は思春期になってはじめて分かることも多いです。そして思春期から取り組み始めたことは、少なくとも5、6年先にならないと分からないでしょう。親には度々「待つ」ことが求められます。少しずつ変わっていくぴょろを見守りながら、私は「育ち」の重要性を再認識するとともに、子供が自ら伸びようとする力を親がどれだけ信じられるかが、何をしてあげたかということよりも大事であることを改めて感じています。

 

 

|

« ぴょろは知っていた(1) | Main | ぴょろは知っていた(3) »

Comments

I like the helpful info you provide in your articles. I will bookmark your weblog and check again here frequently. I'm quite sure I'll learn plenty of new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: video to audio converter android | 2014.07.23 at 07:23 AM

After looking over a handful of the blog posts on your web site, I honestly like your technique of blogging. I bookmarked it to my bookmark webpage list and will be checking back soon. Please visit my website too and let me know what you think.

Posted by: audiomack chance the rapper | 2014.08.11 at 07:42 AM

We absolutely love your blog and find most of your post's to be what precisely I'm looking for. Do you offer guest writers to write content for you personally? I wouldn't mind producing a post or elaborating on a few of the subjects you write about here. Again, awesome site!

Posted by: video converter iphone mac | 2014.08.11 at 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/3893768

Listed below are links to weblogs that reference ぴょろは知っていた(2):

« ぴょろは知っていた(1) | Main | ぴょろは知っていた(3) »