« クライシス(危機)への介入(1) | Main | ぴょろは知っていた(2) »

ぴょろは知っていた(1)

 今日は病院が創立記念日でお休みです。

 危機介入であたふたした2日間のあとに、やっと迎えた静かな朝。一日多い連休は、神さまからのプレゼントかもしれません。

 今週月曜日、ぴょろの担任のY先生が我が家を訪問しました。実は、スクールカウンセラーの仕事がきっかけでこの先生とは以前から面識がありました。偶然にも転勤でぴょろの中学校へ赴任し、そしてぴょろの担任となったのです。(世の中狭いなあ…)

 小学校までは、毎年家庭訪問の時に本人のいないところでぴょろの状況を説明してきました。文章にまとめたり、本を紹介しながら、ADHDの基本情報や本人の特徴などをできるだけ分かりやすく話してきました。ぴょろがADHDであるという私の話を、まともに受け止めて下さったのは6年間のうちわずかに2人だけでしたが、それでも私にとっては大きな収穫でした。

 中学校の方針で、家庭訪問期間中は対象生徒は自宅待機、と言われていたので、家庭訪問の時にはぴょろも家にいる状態で話さなければなりませんでした。しかもうちは1Kの狭いアパートで別室というものがなく…担任の先生と向かい合って話す私の横でぴょろがちゃんと座って聞いているわけです。

 一週間近く前から、どう話してよいものかとずっと考えていましたが、ぴょろが傷つかないように配慮しながら、彼がこれから1年間学級で他の子どもたちとやっていく上で、これだけは話しておかなければと思うことを、率直に話すことに決めました。

 「今後の学校生活に関して、何か伝えたいことや要望があれば」とY先生が切り出したので、ぴょろをちらっと見ながら、

 「はい、あの…この子はちょっと注意・集中がとぎれるときがありまして…」

 一瞬、胃がぎゅ~っと縮む思いがしましたが、今まであったことをありのまま話そう、と気を取り直し、

 *不注意によるケガが多い(自転車事故で大けが、運動中の顔面打撲、階段転落で脳しんとう…などなど)
 *注意力が落ちると、他人の話が聞けなくなる(シカトしているわけではない)
 *集中力にムラがあり、時々ぼーっとしてやる気がないように見える(集中のスパンが短いためでわざとではない)
 *忘れ物・提出物忘れが多い(でも気付けばすぐ行動する)
 *朝が非常に苦手(目覚ましも効果なし、地震でも目が覚めないほど)
 *緊張が高まると落ち着きがなくなる(多動は自分を落ち着かせるための手段だが、端からはふらふらしていると見られてしまう)
 
 …といったことを、ていねいに話し、教師への要望として、

 注意力が落ちているなと感じたら、頻回に声かけをしてほしい(名前を呼ぶだけでも効き目がある)
 大事な事は紙に書くか、何度か繰り返し伝える
 提出物については、期限ぎりぎり前に「必ずこの日に出すように」と念を押すと忘れが少ない
 起床時間など細かな日常生活スキルは習慣化するまで少し長い目で見てほしい
 結果的に集団の和を乱すことがあるかもしれないが、わざとではないことを念頭において対処してほしい

 と、伝えました。

 ぴょろは私の横で、ときどき「そうそう」と首を縦に振りながら、穏やかな表情でY先生とのやりとりを聞いていました。

 私はもっとぴょろが「そうじゃないよ、オレはこんなじゃないよ」と物言いをつけると予想していましたが、以外にも「そういうとこあるよね」と私に同意するので驚きました。Y先生も私の話を真剣に聞いて下さり、「ああ、そうしたらお母さんが早出のときは(遅刻の)要注意ですね」などと、理解を示しておられました。

 私はまだぴょろに、ADHDのことはきちんと説明をしていません。このときも、ADHDという言葉は一度も出していません。ぴょろが悩んだり落ち込んだりしていたときに、少しだけ触れたことがある程度です。

 でも、私が思う以上にぴょろは自分のことを知っていたんだ、とこのとき気がつきました。

 もう少し年齢が上になるときに告知をと考えていたので、私は少しとまどいました。 

 
 
 
 
 
 

|

« クライシス(危機)への介入(1) | Main | ぴょろは知っていた(2) »

Comments

Hi there, this weekend is fastidious designed for me, for the reason that this occasion i am reading this great educational article here at my home.

Posted by: BUY PlayStation Store Gift Card AT AMAZON HERE | 2015.01.26 at 12:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/3892942

Listed below are links to weblogs that reference ぴょろは知っていた(1):

« クライシス(危機)への介入(1) | Main | ぴょろは知っていた(2) »