« とうとう電池切れ | Main | 人生観が変わる瞬間(とき) »

ここにも出会いが

 週末無理を慎んだこともあり、体調が少し落ち着いてきました。

 ただでさえ一年で一番眠い春なのに、放っておくと夕方まで寝そうな勢いでした。薬のせいなのか、疲れなのか自分でもよく分かりません。今も眠いと思いつつ、火曜日の講義の準備にとりかかろうとしているところです。

 先週から、毎週金曜日に姫路の病院で仕事を始めました。

 去年から内々に仕事のお誘いを受けていたのですが、一端はスケジュールが合わず泣く泣くお断りをしました。でも、なぜかずっと頭のどこかに、「この病院で仕事したいよ~」という思いがあって、それが思わぬ形で実現し先週初出勤となりました。仕掛け人は…今回も師匠でした。

 関西で仕事をするのは全くはじめてで、不安がなかったとは言えません。初日は大分緊張してガチガチになっていました。そんな私を、病院のH先生が何かと気遣って下さり、どうにか1日を無事に終えることができました。

 予定の面接を全部終了し、事務処理を終えて帰ろうとした時に、ふとH先生が声をかけて下さいました。

 「Sanaさんは…トラウマを見極める能力があるんやなあ」

 はあ…と、私がよく分かりませんという顔をしていたら、

 「こういう力はね、たくさん患者さんを診たからとか、たくさんの本を読んで勉強したからといって身に付くわけではなくて、持って生まれたものなんだよね」

 本当に持って生まれたものかどうか、やっぱり今の私にはよく分かりません。でも、なぜかこの時に言われた言葉が今も頭の中にずっと焼き付いています。いろいろ紆余曲折はあったけど、この分野(トラウマケア)をこれからもずっとやっていこうと思えるような、ちょうど羅針盤でいう針のような、行くべき方向を示してくれるような言葉だった気がします。

 なぜか節目の時に、新しい出会いがあり、その人のひとことからまた新しい道が開ける、という経験を何度か繰り返していて、そのたびに少しずつですが、私個人の生活もよい方向へ向かっているように感じます。

 
 

|

« とうとう電池切れ | Main | 人生観が変わる瞬間(とき) »

Comments

お久しぶりです。ほぼADHDであろうとの診断を受け気分一新名前を変えてメールしてます。今朝のニュースで福岡の早朝の地震を知り、サナさんが心配になりメールしました。大丈夫ですか?私は阪神大震災の被災者なので、地震後の揺れの怖さを経験済です。大型トラックが横を通り過ぎるときの揺れにも敏感に反応してしまい怖かったのを覚えています。せっかく気持ちを立て直そうとしていらっしゃったところにこの揺れが来ては、本当に怖い思いをされていらっしゃるのではないでしょうか?どうか今はサナさんの健康を第一に考えてくださいね。読者としてサナさんが心身ともに健康になられてから、またブログが読めることをいつまでもゆっくりと待っています。心からお見舞い申し上げます。

Posted by: ジャスミン | 2005.04.20 at 10:39 AM

はじめまして。

「アスペルガー障害 二次障害」(だったかしら?)という検索で、こちらにたどり着きました。
読んでいくと、自分のことを言われているような気がしました。

なお、自分で覚えている・周りに聞いた生育暦を簡単に紹介します。

※かなり小さな頃から、文字に興味を持っていたようだ。お誕生前から外の看板を指差しては、何か語りかけるそぶりをしていたらしい。
※3つくらいの頃、外出先でよその人から「どこから来たの」と聞かれ、住所を県名から答えて、相手を驚かせたという。
※マイナーコードの音楽が怖かった。それがCMソングだったりすると、提供番組のチャンネルに合わせることができなかったことも。
※小学校の頃は、いわゆる「頭のいい子」。勉強で困ったことはない。
※悪ガキのささいないたずらを苦にして、人生相談に投稿しようと思ったことがある。
成人してからは
※「自分が寝てるときに限って電話で起こされるではないか」という不安で、昼寝ができない時期があった。
※専業主婦だった頃、欲しいものが買えないなどのストレスを感じると、鼻をほじくリ過ぎたり耳かきし過ぎたりして傷を作ることがあった。
※数年前、「火の元が気になる」強迫性障害で通院経験あり。ただし、経済的な不安で挫折。(その後、大きな症状はない。)
※一人でいるときに突然、過去の嫌なことを思い出してはドキドキし、記憶を消したくて独り言を言ったり、「あ~」などの変な声を出したりする。

3度目の年女を迎えた今(笑)、自分の過去をはっきりさせるため、また、今の仕事を続けていくための指針としても、診断を受けるかどうか思案中です。

どうぞ、よろしくお願いします。
長文、お許しくださいませ<(_ _)>

Posted by: パート1ねんせい | 2005.04.20 at 07:18 PM

>ジャスミンさん、

 書き込みありがとうございました。
お察しの通りで…でも今はおかげさまで良くなりつつあります。ご心配ありがとうございます。

>パート1ねんせいさん、

 ようこそおいで下さいました。
診断は、信頼できる医師のもとで、自分を知る意味でお受けになられれば、今後の生き方を探る上でなにがしかの参考になると思います。強くおすすめする訳ではありませんが、ご自分の気持ちと相談しながら進めていかれるといいのではないでしょうか。
私の知り合いにも、同じような特徴を持っておられる方がいます。少しずつ、前向きに取り組んでいけるといいですね。
これからもよろしくお願いします。


 

Posted by: Sana | 2005.04.25 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/3745362

Listed below are links to weblogs that reference ここにも出会いが:

« とうとう電池切れ | Main | 人生観が変わる瞬間(とき) »