« 雑感 | Main | こころの警報機 »

自分の仕事に誇りを持つ

 昨日、臨床心理士認定資格二次試験のため、日帰りで東京へ行って来ました。

 とっても疲れました。今朝起きるのが辛かった…。

 面接は、わずか10分間。しかし、その面接に参加するため、前日から実家に泊まり、朝8時過ぎの便で東京へ。面接は午後1時過ぎなのに東京に着いたのは午前9時45分、そこからモノレール・電車と乗り継いで会場のある有楽町に着いたのが10時20分ごろでした。実際には会場に入れるのが面接予定時間の10分前なので、それまでの3時間、いったい何をしてすごしてよいのやら…。

 そこで、会場からすぐの「銀座プランタン」に行き、アロマセラピーフェアというのをやっていたので、しばらくその会場でアロマオイルの説明を聞いたり、ハーブティーの試飲をいただいたりして時間をつぶしました。いい香りに包まれて、幸せ気分を十分に味わってきました♪

 アロマの効果なのか?あまり緊張もせず、無事に面接は終わりました。

 東京に向かうときに、もう今更何を考えても仕方ない、とにかく面接を楽しむつもりで臨んだらいいさ、と開き直っていたせいか、面接中も、それほど焦ることがありませんでした。

 面接官は2人ずつ、同じ時間に同時に20名近い候補者が面接を受けました。私がお会いした面接官は、2人ともとてもおだやかな感じの女性の先生で、質問もほとんどが、これまでの私の仕事や臨床経験に関することでした。それほど意地悪な質問もなく、分かる範囲で何とか答えることができて、とても和やかな雰囲気の中であっという間に終わってしまった感じでした。

 あとから、もうちょっとこんな風に話せばよかったなあ、と思うところもあったのですが、まあ、終わったからいいやと思うことにしました。

 試験の結果は12月下旬に分かります。うーん、やるだけやったから、後はお任せというところですね。

 予想していた通り、職業を途中で変えたことについて、面接の最後で少しだけ聞かれました。

「あの、履歴書を見ると、以前は会社員だったんですよね。どうして臨床心理士になりたいと思っていたんですか?」…どこに行っても聞かれるこの質問、ああやっぱりね、と思いつつ、今までと同じように、OLしていて段々とこのままの生活に不安を覚えていた頃に、心理学に興味を持って…と話したところで、面接官から「途中でどうしても勉強したくなったんですね」とずばりお答えが。その通りです、と答えたらもうそこで面接は終わり、ということになりました。もしもう少し時間に余裕があったら、「今のカウンセリングの仕事を本当に誇りに思っている」、と言うつもりだったのに言えなかったことが少し残念でした。

 今の私の一週間のスケジュールは、まるで渡り鳥のようにあっちこっちに出稼ぎ状態で、ほとんど収入にならない仕事も結構入っています。以前のOL生活のような福利厚生もボーナスも一切なく、仕事をしなければほとんど無収入になってしまう、非常に不安定な生活です。

 それでも、心理のお仕事を始めてから、本当に心から楽しいと思える瞬間(大学で学生さんたちを教えている時)に何度も出会えて、その一方で様々な患者さんたちとの交流の中から大切なことをいくつも学んできて、とても充実した時間を過ごせている、そのことが、私にとってはありがたく、また誇りに思えるのです。

 どんな仕事でも、楽しみを見つけ、誇りを持って臨めるなら、それが何より幸せなことなのかもしれませんね。私の場合、それがたまたま今の心理職であったというだけのことで、もし別の職業でも自分にとってこれでよかったと思えるものに出会えていたら、今と同じような心境になっていたのではないかと思います。

 収入がついて行かないのが問題だけど…残念ながら、臨床心理士の資格をいただけたとしても、この状況はほとんど変わらないです。きちんと病院に就職するか、どこかの大学で教職につかないかぎり、渡り鳥生活はまだまだ続くのです。

 

 

|

« 雑感 | Main | こころの警報機 »

Comments

お疲れ様です(*^_^*)
就職の件ですが、私的には発達障害者の支援者・研究者は不足してます。私ならぜひ来てほしい。みたいに思ってます。
成人(特に中途診断者)発達障害者にとっては待ったなし状態なのです。ぜひぜひ来てー!って感じです。

Posted by: みっちゃん | 2004.11.09 at 12:02 AM

みっちゃん、

 バイトがんばっているようですね。
関西は、私の師匠も住んでいますから、仕事があれば是非行ってみたいです。そのためには、もうちょっと発達障害やPTSDでの治療経験を積まなくては。

Posted by: Sana | 2004.11.09 at 07:12 AM

Hi there, I check your new stuff on a regular basis. Your story-telling style is awesome, keep up the good work!

Posted by: วิชัย ปั้นงาม | 2014.11.27 at 02:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/1905024

Listed below are links to weblogs that reference 自分の仕事に誇りを持つ:

« 雑感 | Main | こころの警報機 »