« 大人のアスペルガー症候群(下)〜家族の立場から | Main | 出会いは選べない? »

大人のアスペルガー症候群(suppl.)おまけ

 前回の記事を書いてから、ちょっとお休みをしました。
まだいろいろな気持ちがあって、どんな言葉にすればいいか分からなかったからです。コメントを下さった皆さん、ありがとうございました。お返事ができず、すみません。

 前の記事に、少しだけ付け足しておきたいと思います。

 アスペルガー症候群と一言で言っても、人により直面する問題は少しずつ違います。アスペルガー症候群に限らず、高次脳機能に障害があると、他人の表情、声、話し方など、言葉以外で伝わるメッセージを読み取りにくくなります。また、その場の雰囲気とか場の空気を読み取るといった、脳に送られる一つ一つの情報を統合・分析し、その結果から推測するという作業が難しくなります。

 そのような働きの不具合が、ある時は、相手の本音と建て前を見分けにくいという問題になって現れ、別の時にはその場の状況や相手の気持ちに合わない発言や行動として表れます。人のコミュニケーションは、文字通りの言葉のやりとりだけでなく、実は言葉以外の情報交換によって成り立っているのです。

 アスペルガーの大人例の中には、その不具合を高い知能や経験で補っている方々がいます。彼らは少なくとも、自分がどう振る舞ったときに人がどう反応するかという事を理解しています。しかし、どう対応すれば、相手にも自分にとってもいいのか、その具体的な方法を自分で編み出すということができないように思えます。体験から学んだことを、そのときの状況に応じて少しずつ変えていく、つまり応用するということが苦手だからです。したがって、一度こうやったらうまくいった、という記憶を頼りに違う状況でも同じ方法で対応しようとします。その結果うまくいかなかったとき、やり方を変えるという選択肢がなくなると、うまくいかなかった原因を自分以外に探すか、そうでなければ、自分自身がだめだからと否定的に考えやすくなるのです。

 言語の理解力という点では、やはり他の自閉症スペクトラム障害に共通するものがあるので、「こうすればいいのよ」と口で言うだけでなく、実際にロールプレイなど、体や五感をフルに活用することで、より相手は理解しやすくなります。SST(社会スキルトレーニング)のプログラムは発達障害にも十分に応用できる、非常に優れたものだと思います。情報の受け手としての訓練だけでなく、どう自分の気持ちや考えを表現すればいいのかを少しずつ身につけていくことが、彼らの潜在的な能力を社会で生かしていく上では重要なことではないかと思います。

 さて、私は、配偶者の言動について、それがなぜ起こるのかということはある程度理解できるようになりました。そして、今までの臨床経験から、私が本人に対してできることと、あきらめて受け入れるしかないことが何なのかも、少しずつ見えるようになりました。

 それなのに何故、私がうつになってしまっているのか、その一番の要因は配偶者の予測不可能な感情の爆発です。パートナーとして最も介入がしづらい部分、それが相手の感情面だからです。

 カウンセラーとして患者さんたちに接するときには、私自身にはっきりとしたboundary(境界)意識があるので、相手の態度に私が感情的になりそうなとき、いつどこでどう対応すればいいかというある程度の行動基準を持っていて、一人で抱えられない時に他の同業者の援助を受けるという選択肢も準備されています。だからかなり難しいケースでも、自分を見失わずにやっていけるのです。

 しかし、身内の場合は大分状況が異なります。どうしてもこちらも感情的になりやすく、それが悪循環となり最後には暴力へと発展してしまうのです。

 発達障害をもつ大人のパートナー(恋人、配偶者、友人など)の大半は、相手を何とか理解し援助するための努力を続けている人たちだと思います。その中に、私と同じような悩みを抱えている人が必ずいるだろうと思ったので、あえて私は配偶者の暴力について書きました。

 確かに、対応次第では、相手の「困ったこと」を少しずつ解決することはできるかもしれません。しかし、相手の気持ちや立場を考慮し、感情の爆発に黙って耐えている人たちも少なくないと思います。アスペルガーに限らず、高次脳機能障害に関連した、感情コントロールの問題は、家族やパートナーが一人でがんばってどうにかなるものではありません。特に明らかな暴力がある場合、危ないと思ったら一時避難する手段を用意しておいてほしいと思っています。逃げることは、相手を裏切ることでも見捨てることでもありません。「自分さえがまんすればいつかはおさまる」と思うことは、逆に相手が自分自身を見直す機会をうばってしまうことになるかもしれません。

 第三者へ助けをどう求めたらいいのか、その答えはまだ私も探している最中です。

 専門家といっても、大人の発達障害をきちんと診断し治療的な介入ができる人は限られています。そのような人がどこにいるのか、という情報も不足しています。本来は、同じ悩みを持つ方々のサポートネットワークが必要なのですが、その点は、私の今後の課題でもあります。

 今わずかながら分かっていることは、子供の発達専門医(小児精神科医)や少数の精神科医で発達障害に詳しい人がいるようだ、というくらいです。本来は臨床心理士、社会福祉士のような他業種が一つのチームとして関わるべきだと思いますが、地域差や専門家自身の意識の違いが大きく、それぞれがバラバラに援助に携わっているという印象がまだ強い気がします。

 どういう形でも、相談できる相手を必ず持っておいた方がいいと思います。決して孤立して自分を追いつめないようにしてほしいと思っています。

 私は、配偶者の事が決して嫌いではありません。コミュニケーションが難しいし、共感できたという体験が非常に少ないことは残念だけど。それでも、暴力さえなければ、ここまで苦しまなかっただろうと思います。

 DVや虐待という問題だけをみると、確かに目の前で起こる行為をやめさせることに注意がいきがちです。しかし人の生まれてから今までの個人史やライフスパン(発達段階)といった観点からみると、こういう出来事は、その人の歴史の一部でしかないことに気づきます。発達障害との関連性も、この視点からでないと見えてきません。

 本当は、その人の歴史を十分に考慮し、評価した上で、こういった問題に対応していかない限り、一時的に行為をやめさせることはできても、再発を防ぐための十分な対応が難しくなるのではないかと思っています。実は、暴力というのは結果であって、その背後にある感情コントロールの問題を解決することは、その人の生き方(中でも価値観や問題への対処法といった複数の社会的機能)の根本を変えるほどの大作業なのです。そして発達障害の存在が、この作業を行う上でどう干渉しているのかを考えないでは、適切な介入は不可能です。

 発達障害とそれに伴う問題は、複雑で解決が難しい、だからこそ、絶対に家族だけで抱え込まないでほしいと思います。


 私は、ぎりぎりのところでやっと気がついたけど、このブログをみてくださる方には、決して私のようにならないでほしいと願っています。


|

« 大人のアスペルガー症候群(下)〜家族の立場から | Main | 出会いは選べない? »

Comments

いろいろと書いていただきありがとうございます。
実は、以前ホームヘルパーの講座を受けたことがあります。
そのなかで、qol(生活の質)・adl(日常生活能力)を良くするということがありました。
デイケアの話ににもありましたが、いまの制度で発達障害者にqol・adlを当てはめることなんて皆無なのです。
つまり、デイケアはadlを身に着けないうちに人とのコミュニケーションを身につけるのは疎外感にさいなまれるだけで症状があっかさせるのです。それによってqolの向上は出来なくなるのです。
集団ですると言うことは、裏を返せば自決能力を失うことになるのです。
私が身につけたいのは自決能力を身に着けることなのです。
今の制度のままじゃたとえ就職が決まったとしても繰り返されるだけなのです。
発達障害者にとってのqolはこだわりを活かすことにあるのではと考えます。

Posted by: みっちゃん | 2004.08.11 at 11:30 AM

確かに、そうかもしれませんね。
これらは、発達障害の多くに共通する課題だと思います。

こだわりをうまく生かす方法を、見つけていけるといいですね。

Posted by: Sana | 2004.08.12 at 07:05 AM

 初めまして、私はADHD当事者で、みっちゃんに教えてもらって
こちらにお邪魔しておりました。
軽度発達障害者が持ってしまった悪い癖(暴力・暴言・自傷等々)
を治して行くには、仰るとおりサポートが絶対必要であると
感じています。ただ、当事者本人がそれを「問題意識」して
治そうという気持ちがなかったり、意識しておらず「個性」
と捉えてしまっていると、サポートする側がどうアプローチ
しても、結果は悪化するばかり、ということもありますよね。
そこがとても難しいです。

当事者間で自助努力をと自助グループを立ち上げて活動して
いますが、今そういう壁に当たってしまい悩んでいる最中です。
お互いに傷つきやすく「思いこみが多く」自らを掴みかねて
いるので、社会性のスキルが低い仲間に手助けをするという
のはかなり難しく、専門知識のある治療者が少ないことは
非常に辛いです。Sanaさんのように勉強してくださる治療者が
増えて欲しいと心から願っています。

Posted by: 透雪(ゆきこ) | 2004.08.12 at 01:09 PM

やっぱり「こころの病」は 難しいなと痛感します。
一般社会の無関心 無理解 偏見など 問題があまりに多いです。
私は 二つの うつ自助グループに参加していますが 皆さん やはり 社会の無理解に悩んでおられます。
私自身 障害者手帳(3級)を持っていますが 仕事を探すにあたって
やはり 大きな壁に なることは 間違いないでしょう。

Posted by: 天翔ける人 | 2004.08.13 at 11:24 AM

>透雪さん、

確かに、当事者同士のサポートにも、難しさや限界はあると思います。しかし、グループでないとできないこともあるので、医師や臨床心理士、社会福祉士(精神保健福祉士)などいろんな専門家を巻き込んで、その良さをどうすれば引き出せるのか、一緒に考えて試していく、という方法もあるように思います。

また、グループはファシリテーター(グループの責任者)の力量もあるので、いろんなグループとの交流を図ることも必要なのでしょうね。

大人の発達障害についての知識や経験のある専門家が少ないのは事実で、それは本当に大きな問題だと思います。このあたりは(私は心理職なので)同業者の研修会の機会を増やすことや、論文・研究発表などで専門職の養成に携わる人たちに啓蒙していきたいと思っています。

確かに、苦労は多いとはお察ししますが、それでも続けていけるようにと願っています。

>天翔ける人さん、

 周囲の無理解が、いちばんうつには堪えますよね。休職している人でも、職場復帰に対する不安や問題はつきもののようですし、退職して再就職の時に、こころの病が壁になることもあると思います。

 少しでもこういった問題に対する、社会の理解が進むように、私たちもできる限りがんばりたいと思います。

 

Posted by: Sana | 2004.08.13 at 09:31 PM

大人のアスペルガー障害に関して情報を探していたところ、まとまった記述があり、参考にさせていただきました。なぜ、このような記述を探していたのかというと、私の職場に、アスペルガー障害と思われる女性がいるからです。私は専門家ではないので、間違っているかもしれませんが、いろいろなサイトや本でみた症状にかなり合致する部分があります。
問題は、職場での仕事上だけの付き合いなのですが、アスペルガーの人とどのように接したらよいのかがわからない点です。
私から見ると、
・自分の世界の言葉で喋りまくり、相手が理解しているかを考えない
・仕事上の議論が、「ああ言えばこう言う」みたいな口応えにしか聞こえない。
・みんなが課題と感じている内容を共有できないため、独りよがりの発言ばかり。
・現実のデータに対する具体的な操作は、とことんやってしまう。全体を見渡せないので、その結果やりすぎとなり、無駄が発生する。
・物事を頼んでも、その依頼の背景を理解せず、文字通りのことしかやらない。
・自ら進んで計画を立て実行しない。
など、一緒に仕事をする立場からすると、困ってしまう行動が目立ち、苛立ってしまいます。苛立つのは、私のパーソナリティによる部分も多いかと思いますが、この苛立ち(不快感)は、一度仕事上のやり取りを行うと1日以上持続します。
要は、アスペルガー障害の人に接したときに生じる私の中の違和感や苛立ちをコントロールできないのです。正直に言うと、一緒に仕事をしたくありません。
たぶん、相手を変えるのは無理だと思うので、大人のアスペルガー障害の人に、どのように接すればよいかのノウハウみたいなものがあれば、よいのではないかと思い、自分でも考え、また、いろいろ探しているのですが、まだ解決できていません。
なにか、ヒントになるようなものはないでしょうか。

Posted by: monami | 2008.04.29 at 10:14 AM

はじめまして。
昨日妻と子供にあいそつかされ実家に帰られてしまったアホ夫たつやです。
何故自分で暴言を吐いてしまうか分からなかったのですが、人格障害のWEBサイトを見ていると、自分がアスペルガーかもと思えるようになりました。計画性がなく、独りよがり、ディスカッションも孤立しがち、普通の企業サラリーマンとして非常につらいです。
ただどちらかというと
他人の気持ちに敏感すぎたり・創造性芸術性・自殺暴言から境界性人格障害(ボーダー)に近いと思われます。
私の場合、貧乏だったけど優しい父母で虐待もなく、子供のときの環境要因は不明で、子供時代はむしろ成績優秀であまり対人に困ったことは無いような気がします。やはり遺伝要因なのでしょうか?
いずれにしても、今更気が付いても遅かったです。
妻には本当に申し訳ないことをしました。
妻のことを愛しているだけに、よけいにこんな自分がなさけないです。

Posted by: たつや | 2008.09.13 at 02:20 PM

そのー、 言われてます「本来なら福祉や医療業界がするべき事なのに統一性なし方向がバラバラ」ですよね。

大学の教授?専門家とか障害者や家族の為にやってることはほとんどなく、ただ自分が好きなことをやってるオナ×ー野郎となんら変わりない、と発達障害家族にとってもなんの関わりもない赤の他人と言ってましたから

社会還元されてない研究とか福祉とか、変えようという意識もなくただ腐ってるのかもしれません。


発達障害うんぬん以前に、日本の医療の在り方もアメリカやヨーロッパと比べればかなり遅れてる鈍い留まったものかもしれません。

日本人て自分たちから変われなくて、だいたい外国研修などして導入しないと新しいシステムを作り上げられないんじゃないかとさえ見えます。


とにかく 研究者とかって一体何してるの?今まで何の為にいたわけ? とすごく思いました。

Posted by: メロンパン | 2009.06.18 at 04:29 PM

主人がアスペルガーだと思われます。語彙は多いが主に私を責め立てる時に特に流暢になります。人の言動にのみ異常な執着を見せます。自己評価が以上に低く、自分の体に身体には鈍感で異常に仕事をします。でも、すべての不満を家族だから本音で話して当たり前だと子供にも平気で怒鳴り散らします。お前が悪いが口癖で、一度言って私が聞こえなければ「俺は無視されるのが嫌いだ、それを分かって無視したお前に思い知らせている」と私が謝るまで無視し続けます。白黒思考。手は出さないけど言葉が酷く子供も次第に暴力的になり、私も恐怖政治に耐え切れず自殺行為を起こしました。怒鳴られながら旦那の実家に連れてかれました。旦那もその家族も目の前に病院あるのに連れて行こうとはしません。治療も自分でしました。2ヶ月いて、私が一旦実家に戻る事になり、その時に何一つ親子で話し合ってないのが判明し旦那の家族関係に驚きました。今はとりあえず熊本までDVのグループカウンセリングに通わせています。カウンセラーの方にも私のかかりつけ医にも、アスペルガーの話しが出ました。離婚に迷っていますが、でも貴方がアスペルガーに詳しい方だとしり、一度お話を聞きたいと思いました。久留米医大にまだ来られてるんでしょうか?

Posted by: エイコ | 2014.02.12 at 11:47 PM

I read this paragraph fully about the comparison of latest and previous technologies, it's awesome article.

Posted by: quest bars | 2014.07.19 at 11:17 PM

Sweet blog! I found it while browsing on Yahoo News. Do you have any suggestions on how to get listed in Yahoo News? I've been trying for a while but I never seem to get there! Appreciate it

Posted by: immobilier loi duflot | 2014.08.12 at 04:44 PM

Hi there, I discovered your website via Google even as looking for a related topic, your site got here up, it appears to be like great. I've bookmarked it in my google bookmarks. Hi there, just turned into alert to your weblog thru Google, and located that it is really informative. I'm gonna be careful for brussels. I will be grateful if you continue this in future. Lots of other folks might be benefited out of your writing. Cheers!

Posted by: www.change.org | 2014.08.30 at 02:09 PM

I visited many web sites however the audio feature for audio songs existing at this site is truly excellent.

Posted by: http://criteria-sa.com | 2015.09.15 at 07:54 AM

Iterate instruction stops execution from inside the loop and passes management to the DO on the high of the loop.

Posted by: tsohost reviews | 2015.09.19 at 08:03 PM

Definitely consider that which you said. Your favourite justification appeared to be at the web the simplest factor to remember of. I say to you, I definitely get annoyed whilst folks consider worries that they plainly don't realize about. You managed to hit the nail upon the highest and defined out the whole thing without having side effect , other people could take a signal. Will likely be back to get more. Thanks

Posted by: airport parking kansas city coupon | 2015.09.22 at 06:57 AM

Hello, I enjoy reading through your article. I wanted to write a little comment to support you.

Posted by: q | 2015.09.22 at 07:03 AM

For System z format hardware-accelerated compression is put in place before the encryption.

Posted by: tsohost promo code | 2015.09.22 at 09:10 PM

Hi this is kinda of off topic but I was wanting to know if blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML. I'm starting a blog soon but have no coding experience so I wanted to get guidance from someone with experience. Any help would be enormously appreciated!

Posted by: car parking | 2015.09.23 at 02:00 PM

Money benefited in this work extremely well by man or women as per their requirements and advantage lenders tend not to impose every restriction upon it Opponents or prospective competitors furiously guard their own shares inside markets.

Posted by: Jason | 2016.02.11 at 02:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/1159596

Listed below are links to weblogs that reference 大人のアスペルガー症候群(suppl.)おまけ:

« 大人のアスペルガー症候群(下)〜家族の立場から | Main | 出会いは選べない? »