« たとえ治らなくても | Main | The real "Optimism":本当の前向きさ »

ひねくれ者

 今日の私はかなりひねくれています。
今日からGWなのに、ぴょろは友だちと遊びに行き、配偶者は一人で出かけ、家に残ったのは私一人。

 本当は、GW期間中は自宅で久しぶりにのんびりできると思っていたのですが、派遣先の中学校から緊急呼び出しがあり、今日の夕方K市へ戻らなければならなくなりました。連休が終わると、仕事が一気に増え、自宅へはなかなか戻れなくなります。だからよけい、動きたくなかったし、家族と過ごしたかったのに。

 子どもが大きくなると、こんなものなのか?と思いました。

 4月から単身赴任の生活が始まり、家族となかなかまとまった時間がとれません。連休以外では夏休みに入るまでは、ぴょろともあえない日々が続きます。正直寂しいです(これは子離れできていないのかも)。しかし私の気持ちをどこまで分かっているのか、後の2人はマイペース。行きたいときに行きたいところに、という姿勢は全然変わりません。

 しかし、私の中にいるひねくれ者は、絶対に「寂しいよ」と言わせません。本当は家族と過ごしたい、とも言わせません。「いいよ、行ってきて。(空港へは)自分で行くから」と口にしてしまいます。

 あぁ…何で正直になれないのかなあ。

 こういうことは今に始まったことではありません。子どもの時からずっとそう。ココロで感じていることと、反対のことを平気な顔で口にするけど、その後でよけいに寂しい思いをしたことは数知れません。

 ほんとは寂しいよ、一緒にいてよ…と言いたい。ここならそれができるのにね。


|

« たとえ治らなくても | Main | The real "Optimism":本当の前向きさ »

Comments

う〜ん朝からなんだか切なくなってしまいました。
正直になれない─その気持ち,よくわかる気がします。
ぼくも自分の気持ちを抑えてしまうことがあるので…。

Posted by: ガンジー | 2004.04.29 at 09:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/509201

Listed below are links to weblogs that reference ひねくれ者:

« たとえ治らなくても | Main | The real "Optimism":本当の前向きさ »