« それがお仕事の本質 | Main | 心的外傷後ストレス反応(PTSD) (2) »

心的外傷後ストレス反応(PTSD) (1)

 心的外傷後ストレス反応とは、英語の"Post Traumatic Stress Disorder"の直訳で、若干覚えにくく言いづらいので専門家の間では頭文字をとって"PTSD"とよんでいます。

 歴史的には、第一次、第二次大戦後の帰還兵にみられた神経症状として、そして一番メジャーなのはベトナム戦争の帰還兵の多くが、ひどいうつやパニック発作、不安定な気分や焦燥感、不眠などの様々な精神症状を起こし、正常な社会生活を送れなくなったことから、"War Neurosis(戦争神経症)"や"Shell Shock"などの病名で呼ばれていました。

 その後、1960年代の始めに"Battered Child Syndrome" (暴力を受けた子供たちに見られる一連の症状)がKempeらによって提唱されるようになり始めてから、どうも戦争だけでなく、様々な状況に置かれた人に同じような症状が出るのではないかと考えられるようになりました。その前後からPTSDの研究や診断技術が急激に発達することになりました。

 PTSDの研究は実は1890年代から始まっていて、戦争、子供の虐待、DV、自然災害などその時代に社会問題として取り上げられた出来事を通して、認知度が高まっていった経緯があります。(これが現在もPTSDの精神疾患としての概念に対する批判の対象になっています)

 そして、1980年代に、はじめてPTSDという病名がアメリカ精神医学会(APA)のDSM-IIIに載せられ、その後何度かの改訂を経て現在のような診断基準として知られるようになりました。日本でPTSDの名前が社会的に認知されるようになったのは、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件の2つの事件の直後からでした。
 

 DSM-IVに記載されているPTSDの診断基準を少し分かりやすくしたものがこれです。


 (1)死ぬかも知れないような危険で衝撃的な出来事を体験、あるいは目撃した事があり、その時に強い恐怖感や無力感を感じた
(基準A)

 (2)その出来事を繰り返し思い出したり、しょっちゅう夢に見たりする。あるいはその出来事が今目の前でまた起こっているように感じたり、錯覚したりする。
(侵入的再体験)

 (3)その出来事と関連した人や場所、活動、話題を避けようとする。また仕事や社会活動にひどく消極的になり、人を避ける。自分の未来が短縮した感じがある。場合によっては出来事の最もひどい部分やそのものを思い出せない、感情の幅が狭くなった感じがあり、強い疎外感を感じることがある。
(回避・解離症状)

 (4)不眠、怒りっぽくなる、集中力がなくなる、小さな物音や光などの刺激にひどく敏感になる、などの症状がある
(過覚醒症状)

 (5)その出来事に関連した一連の症状のため、通常の社会活動、家庭生活が著しく妨げられている。
 (6)以上のことが、1ヶ月以上続いている

 
 出来事の直後(少なくとも1,2日あと)から上にあげたような症状が出ることがありますが、これは急性ストレス反応(ASD)と呼んで、PTSDとは基本的に区別しています。PTSDと診断されるためには、出来事の起こった後、少なくとも1ヶ月以上が経過していることが条件となります。

 このような症状が出る時期は様々で、出来事が起こってすぐの事もあれば、数ヶ月のち、場合によっては10年以上経ってから起こることもあります。

 さて、PTSDの診断をする上で多少問題なのが、出来事が基準Aを満たすかどうか、ということです。

 何を持って、衝撃的な体験と判断するのか?それが度々議論の種になるのです。

 しかし個人的には、第三者が見てそれほど衝撃的と思えないような出来事でもこのような症状を示すことがあるので、あまり基準Aに厳密にこだわらなくていいのではないかと考えています。

 命の危険もさることながら、「自分の存在が否定されるような、あるいは自分の存在する意味が失われるような体験」「非常に身近な人あるいは親密な関係にある人を失う体験」もまた、Traumaticだからです。私個人は、これもまた外傷体験としてPTSDの診断の時に考慮することにしています。

 (続きます)


 

|

« それがお仕事の本質 | Main | 心的外傷後ストレス反応(PTSD) (2) »

Comments

ugg ミニ ネヴァーフルかもしれない完全に開いているかに cinched両方の側面。これもすることができます、場合に適したオプションたいハンドバッグを頻繁に変更します。絶対にそれ - ヴィンテージとデザイナーを愛している私の娘に与えた ! アグ ロングブーツ

Posted by: ugg ミニ | 2013.11.23 at 12:08 PM

Very nice article. I absolutely love this website. Thanks!

Posted by: ตุ๊กตาหมี | 2015.01.01 at 11:17 AM

Hey there, I think your website might be having browser compatibility issues. When I look at your website in Firefox, it looks fine but when opening in Internet Explorer, it has some overlapping. I just wanted to give you a quick heads up! Other then that, terrific blog!

Posted by: Scclove.com | 2015.08.18 at 04:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10227/322290

Listed below are links to weblogs that reference 心的外傷後ストレス反応(PTSD) (1):

« それがお仕事の本質 | Main | 心的外傷後ストレス反応(PTSD) (2) »